オオサカ堂でクレジットカードを使えない理由

オオサカ堂クレジット

国内で入手困難な医薬品を手軽に入手できるオオサカ堂

オオサカ堂は個人輸入代行の業務を中心に据えた法人企業ですが、クレジットカードが使えないことが特徴のひとつとなっています。
個人輸入代行といっても取り扱う商品は様々で多岐にわたるわけですが、個人輸入の分野でもメインとなっているのが医薬品の輸入代行なのです。
ご存じのとおり日本における医薬品の許認可手続きについては非常に複雑なプロセスをたどること、また時間がかかることが知られています。
海外で普通に販売されていて、人体の改善に効果が期待できる医薬品については、国内では簡単に調達できないことが現実です。
そうした事情をクリアして、本当に必要な医薬品について個人輸入のスキームを用いて入手できるようにする、それがオオサカ堂のビジネスモデルとなっています。
オオサカ堂の個人輸入のシステムをスムーズに回していくためには、現金決済を優先させることが求められるようになり、そのため以前は行っていてクレジット決済を中止せざるを得なくなってしまったのです。

規制緩和を待つ

現金振込とはいっても振込先の金融機関は数多くあり、インターネットバンキングのシステムさえ用いれば、振込手数料の負担も軽減することができるでしょう。
クレジットカード決済とほとんど大差なく輸入のメリットを享受できると思われるのです。
それでもクレジットカードの決済にこだわるユーザーの方々においては、規制緩和が実行されることを願って待つよりほかはないといえそうです。
規制緩和の波というものは、すぐに訪れる場合もありうることです。
時の政治家が、世の中の流れを敏感に感じ取り、議員がこぞって議員立法の壁をこじ開けられたことも過去になかったわけではありません。
規制緩和の波が高まらないよう、海外からの医薬品の安全性、個人輸入の有効性についてSNS等を通じ、社会的に受け入れられるものであることをPRしていくこと、これこそが求められていることなのだと思います。

正当な医薬品の輸入が認められる社会を

海外から薬や医薬品を調達しようとする姿勢、非合法薬物の海外からの調達というイメージが強すぎるため、海外調達の正当性やメリットを周囲に理解していただくことは並大抵のことではないと考えられます。
であるからこそ、少数意見を数多く集めるような地道な努力を継続していくことにより医薬品の海外調達が違法性のない、遵法精神に則った正当な取引であることを社会に認知していただいた暁にはクレジットカード取引が再開されることが期待されるのだと思うのです。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました