オオサカ堂でのクレジットカードの利用

オオサカ堂クレジット

医薬品の個人輸入

オオサカ堂でのクレジットカード利用ですが、基本的には問題なく使えるものの、時として使えなくなっていることがあります。
この理由は公表されているわけではありませんが、クレジットカード会社の自主的な判断である可能性が高いでしょう。

というのも、オオサカ堂のような医薬品の海外輸入代行に関しては、法律上は決して違反ではないものの、どんどん使って下さいと言えるものかというと、少なくとも政府としてはそうではなく、苦々しく思っている節があります。
明らかに問題だけあって利点など全くないものであれば海外輸入代行ということそのものを違法行為としてしまえば済むことでしょうが、そもそも海外輸入を認めている経緯からしてこれは事実上不可能なのです。

一律には禁止できない理由

どういうことかというと、海外輸入を認めているのは、何か重い病気とか、不治の病にかかっているような人がいたとして、日本では承認されていないけれども海外では既に承認されているという薬がある場合に、藁にもすがる思いで自分自身の責任の下でその薬を海外から取り寄せて使うことまで法律違反で禁止とするのは人道上問題だということは分かるでしょう。
このような理由から認められるに至った制度であり、安易に禁止とするようなことはできないのです。

もちろん、別に重い病気でもなければ日本でも治療薬が既に承認されているような病気は、日本人の健康を守るという政府の立場からみてもこの制度の対象外としたいのが本音です。
ところが薬の効き目には個人差があるのです。
病気の重さについても個人個人で千差万別でしょう。
単にある病気は重いとか軽いというように決めることや、この病気にはこの薬が既に承認されているから海外から取り寄せる必要はないと一律に決めるようなことはどだい無理があります。
しかも、仮にそんな取り決めを作ったところで医学や医療は日々進歩していますし、薬の開発や承認状況についてもそうです。
初めから無理があるものを、将来にわたって維持管理することなどさらに不可能なわけです。

実際の運用

ということで法律で禁止するようなことはできないわけですが、現実問題として安易に海外から医薬品を輸入して使用した結果として重い副作用を発生させたりすることが起きている以上、政府としても手放しでいるわけにはいきません。
どうしてもというケース以外は止めさせたいのが本音であり、例えば厚生労働省のウェブサイトでもかなりの注意喚起が行われ、良心に訴える方法を取っています。

クレジットカード会社に対しても、違法ではないものの決して好ましい商売をしているとは言えないということで、政府機関から何らかの指導などが行われている可能性がありますし、そんな指導などなくても忖度ということで自主的に取引対象としてあまり適切でない会社とみなしている可能性もあります。
一方で営利企業としてはカード利用料を払ってくれる限りは良い顧客ということもできます。
この狭間で利用停止と利用解禁が繰り返されているというのが実情でしょう。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました