オオサカ堂には2つの新サイトがあります

オオサカ堂クレジット

オオサカ堂には2つの新サイトがあります

ページが見られなくなった場合

オオサカ堂にアクセスをした時、ページが表示されないトラブルを経験した人も多いのではないでしょうか。一度医薬品を購入した人の中には同じ個人輸入代行業者を利用するケースが多くあります。ブラウザにはサイトの登録を行えるお気に入り機能があるので、オオサカ堂で一度買い物した時にはお気に入りに登録して、次回の注文時にすぐにサイトアクセス出来るようにしているのではないでしょうか。

医薬品は継続して服用す事で治療効果を得られるものが多くありますが、残りが少なくなったので前回と同じ個人輸入代行業者を利用して買い物をするケースは多いと言えましょう。しかし、お気に入りからアクセスしても、前回とは違いページが表示されないと不安に感じる人も多くいます。サイトがなくなった、個人輸入代行業者がなくなったと感じるからです。一度買い物をしている場合、新サイトが出来る時にはメールなどでのお知らせでお気に入りの変更依頼が届くようになっています。しかし、サイト引っ越しの案内メールが届かないトラブルが生じたため、オオサカ堂はなくなったと勘違いした人も多く、中には買い物した後にサイトがなくなったので大きな不安を抱いた人もいるのではないでしょうか。

ミラーサイトの存在

新サイトが登場したのは2013年で、現在ではミラーサイトを含めて2つのサイトを用意しています。ミラーサイトは本家サイトをコピーしたもので、本家サイトがメンテナンスなどでアクセス出来ない時でもミラーサイトを利用すれば買い物履歴や注文が出来るようになっています。ちなみに、オオサカ堂で医薬品を購入した後に、サイトが表示されなくなった時には誰もが品物が届かないのではないか、支払ったお金は帰って来ないなどの不安を持つと言えましょう。事前に新サイトが出来る情報を入手していれば、こうした不安を抱く事はありませんが、突然サイトアクセスが出来なくなると不安も大きくなるわけです。

オオサカ堂は香港の運営会社がサイトを作っているため、不安要素自体も多くなってしまいます。ちなみに、この個人輸入代行業者は1997年創業のお店でもあり、個人輸入代行業者の中では老舗的な存在です。医薬品の出荷元は取り扱いライセンスを持つ王手の企業、取り扱い商品は100%正規品と言われています。但し、正規品であるか否かは医薬品を購入する側には分かりませんので、個人輸入代行業者を信用して買い物する事になります。

パッケージが異なる場合もある

ちなみに、医薬品の中には同じ医薬品でも発売国が異なるとパッケージが違っているケースが多くあります。例えば、アメリカから輸入されるED治療薬とオーストラリアから輸入されるED治療薬は、どちらも同じ医薬品でもパッケージデザインや色が違うなどの特徴があります。仮に、前回はアメリカより輸入されたものを購入し、今回はオーストラリアから輸入されたものを購入した時、前回とパッケージが違うので偽物なのではないかと感じる人も多いと言えましょう。オオサカ堂のサイト内では発売国の違いでパッケージが異なる事を説明してあるので安心して利用出来ます。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました