オオサカ堂の利用する障害になるのがクレカで決済ができないこと

オオサカ堂クレジット

オオサカ堂の利用する障害になるのがクレカで決済ができないこと

クレカ決済ができないと不便

ネットでもっとも利用されている決済方法としてクレジットカードがあげられています。銀行振込は相手が確認をしてから発送手続きをすることになりますので、時間が掛かってしまうのがデメリットになり、急いで手元に届けてほしい人にはあまり向いていない決済方法になるでしょう。そのような点から見てみても、クレジットカードが大きな決済方法になり人気があります。そんな決済方法が海外の医薬品を販売している個人輸入代行業者であるオオサカ堂クレカの利用ができないことから、利用者が困惑しています。

医薬品ですので確実に手元に届けてほしいはずです。その点からみても、正規品の医薬品でしかも安い製品を届けてくれるのがオオサカ堂になっていることから、保険適用がされない治療を受けている人にとって最後の拠り所といった存在になっています。正真正銘の偽物ではない医薬品を販売している業者になることから、信頼できることで多くの利用者がいるサイトです。時々医薬品が切れることに気付かないこともあるでしょう。そんなときこそクレカの決済は、早急に届けてくれる手段になりますので、合理的な方法として有効的でした。しかしそれができないことは大きな痛手になることが予想できます。

クレカ決済不能の原因は?

なぜオオサカ堂クレカが利用できないようになったのか?これは諸説いろいろとあります。ひとつ指摘できるのがクレジットカードの決済ができなくなった店舗というのは、倒産間近であると言われています。これはあながち嘘ではなく、決済会社がカードでの利用を止めてしまうことも多くある話です。しかし多くの人が利用していることから、そのようなことは考えられにくいです。もっとも有力な説になるのが、医薬品を格安で販売していることに批判的な団体から圧力を掛けられていることになります。

医薬品の開発には多大なお金が必要であり、その回収のために特許を取得して権利を守っています。しかしそれを無視して製造されているのがオオサカ堂の医薬品です。途上発展国や難民に対して支援を行っている医療団体がそのような医薬品を使って献身的な治療を行っていることがわかっていますが、そうではない人たちがその医薬品を使うことに対して、やはり特許を取得している企業にとってはよく感じていません。そのようなことから圧力を掛け、安い医薬品を販売する個人輸入代行業者がそれを受けることが多くなっています。

ドメイン停止が発生した

その最初の圧力になったのがドメイン停止です。オオサカ堂は何度もドメイン停止をされて、少なくても年に1回ほどはURLが変更するほど変わることが多くなっています。それこそ医薬品の格安な販売に対して否定的な圧力によるドメイン停止でした。このようなことが頻繁に起こっていることから、オオサカ堂クレカが利用できない現象というのは、一種の圧力としてみることができます。今後使えなくなるようなことになれば、困ってしまう人も多いでしょう。しかし今のところクレカの利用ができないだけですので、銀行振込を利用して使うことは問題なくできています。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました