オオサカ堂でクレカ決済ができない!倒産などの心配は?

オオサカ堂クレジット

オオサカ堂でクレカ決済ができない!倒産などの心配は?

不安の声があがる

オオサカ堂では、クレカ決済ができないというトラブルがときどき起きています。クレジットカードのブランドはVISA、JCB、アメックスに対応していますが、マスターカードについては昔から対応していませんでした。マスターカードのブランドには本サイト、予備サイト、系列サイトでも使えないので理解しておきましょう。最初はJCB、アメックスのみに対応でしたが、VISAには2016年の秋くらいにできた新サイトで使えるようになっていました。しかし、現在ではいずれのクレジットカードも使えなくなっています。この理由として、「倒産をするのではないか?」という心配の声が上がっています。

個人輸入を代行している

1つの心配として、オオサカ堂が違法なサイトではないかというとこがあげられます。しかし、この心配は必要ありません。日本ではインターネット通販で医療用の薬を販売することは禁止されています。オオサカ堂の場合は、薬を販売しているのではなく、個人輸入を代行している業者です。海外から薬を個人輸入するためには手続きが複雑になり、英語力も必要になります。それを代行してくれる業者であり、そのための手数料と送料を支払っています。薬を販売しているわけではないので、違法とはなりません。ただし、日本で今後法律が変わって、個人輸入代行業者にも規制が入る可能性はあるので、情報収集はしっかりとしておきましょう。現在のところは違法ではなく、安心して利用ができます。

クレジットカードが使えなくなった場合、会社が倒産をするのではないかと心配をする人がいます。会社の経営状況が悪化したとき、クレジットカード会社が利用をストップすることがあります。その理由は、会社が倒産をしてしまうとクレジットカード会社が債権を回収できなくなるからです。クレジット決済が停止されたら、その会社は経営状況が悪化しており、倒産をするリスクがあると考える人がいるのもうなずけます。しかし、オオサカ堂の場合には個人輸入代行業者の中でも最大手なので、その心配はほとんどないと思われます。また、同じ会社が運営している系列サイトでは問題なくクレジット決済が可能となっています。そのことから、メインのサイトのサーバー障害など、なんらかのトラブルがあるものと思われます。

どうしても心配ならば

倒産をする可能性はかなり低いですが、どうしても心配だという人は、他の信頼できる個人輸入代行業者を探すとよいでしょう。オオサカ堂は歴史があり最大手ですが、現在では他にも優良な業者がいくつか登場しています。インターネットが普及している時代ですので、口コミや評判などを参考にして信頼できるサイトを見分けることはできます。個人輸入で出回っている薬の6割は偽物という噂もあるので、慎重に信頼できるサイトを選んでおきましょう。インターネットの口コミなどは参考にはなりますが、絶対に確実というわけでもないので、鵜呑みにせずさまざまな情報源を参考にするのがよいです。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました