クレジットカード決済ができない等のオオサカ堂のデメリットを敢て書いてみる

アイドラッグストアー

オオサカ堂を利用するデメリット

オオサカ堂は、創業から20年を超える日本では大変有名な個人輸入代行業者で、とても安心して利用できるということでユーザー数が多いですが、デメリットがないわけではありません。
まずクレジットカードが使えないというのは、ちょっと痛いところです。
オオサカ堂では、昔はクレジットカードと銀行振込の2つの決済方法が使えていましたが、2016年後半あたりから、クレジットカード決済でトラブルが起きるようになって、その後紆余曲折を経て、今ではクレジットカード決済は使用不能になって銀行振込のみになっています。
理由は明らかではないですが、今時ネット通販でカード決済ができないというのは、かなり不便と言わざるをえません。

顧客離れの危機!?

多くのユーザーからも不満の声が上がっているので、オオサカ堂はこの事態を早くなんとかしないと、大規模な顧客離れを引き起こしてしまいかねません。
それから、荷物が税関で止まってしまう可能性があるというデメリットもあります。
このデメリットは、なにもオオサカ堂だけのものではなくて、個人輸入代行業者すべてに言えることでしょう。
個人輸入代行で海外医薬品を購入すると、稀にではありますが税関保留中という事態になってしまうことがあるのです。
はっきり言って、こうなってしまったら、もう諦めるしかないかもしれません。
税関保留中の荷物を取り戻すには、かなり複雑な手続きが必要になるため、そのコストを考えると諦めた方が賢明です。
また、関税がかかってしまうリスクというのも実はあります。
商品総額がだいたい16000円くらいより上になってしまうと、税金を請求されることがあるのです。
しかもいきなり配送業者に請求されるので、そんなことは知らずに注文した人は驚いてしまうかもしれません。

個人輸入している意識は忘れずに

税関で荷物が止められたり、関税を請求されたりするリスクを防ぐためには、とにかくあまり大量に購入しないという事が大事です。
オオサカ堂は海外医薬品が激安価格で販売されているので、つい普通のネット通販感覚で大量に買いたい衝動に駆られますが、あくまでも個人輸入をしているのだという意識は常にもっておかなければいけません。
また、同店はクーリングオフのような無条件に契約解除できる制度もないことはよくわきまえておきましょう。
もちろん初期不良品は返品することができますが、無条件に返品というわけにはいきません。
商品を購入してから、「こんなはずじゃなかった」なんてことになっても、あまりダメージを受けないためにも、少量ずつ購入することがやはり大事です。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました