オオサカ堂でクレジットカードが使えない理由が奥が深い

アイドラッグストアー

クレジットカードが使えない理由とは?

システムエラーを理由としてクレジットカードの利用ができなくなっているのがオオサカ堂ですが、けっしてそれだけが理由ではありません。
数年前から決済ができなくなっており、最近では利用停止期間が特別長く続いており、これからも復旧する目処が立っていないのが現状です。
システムエラーが長く続いているように感じるでしょうが、実は奥が深い問題が潜んでいることも知っておきましょう。
オオサカ堂の不具合としてクレジットカードの利用停止がよくあげられますが、それだけではありません。
もうひとつの不具合になるのが、ドメイン停止になります。

頻発するドメイン停止

今まで数回もドメイン停止を受けており、サイトにアクセスすることができないことが多々ありました。
その都度新しいドメインを獲得し営業を開始していますが、さらにドメイン停止を受ける繰り返しが行われています。
いたちごっこのように感じるでしょうが、実際は検索エンジンから漏れることになりますので、オオサカ堂にとっても痛手です。
ただしその都度メールを使ってURLの変更をお知らせしていることから、今まで利用している人の多くはそれほど不利益を被ることは少ないです。
このドメイン停止は多くの個人輸入代行業者が運営するサイトで行われているのが現状です。

レジットスクリプトの圧力

では誰がドメイン停止を行っているのかというと、それは薬剤師などが設立したレジットスクリプトになります。
薬剤師や製薬会社の利権を守るために、違法にオンラインで販売をしていると主張し、個人輸入代行業者に圧力を掛けています。
実際個人で海外の格安の医薬品を購入すること服用することは違法行為ではありませんが、販売されている医薬品のなかには特許で守られている製品があったり、薬機法で禁止されている海外医薬品をアフィリエイトで紹介する行為が該当しており、そこを問題視して活動をしています。
そのようなことがオオサカ堂に起きていることから、クレジットカード会社にも圧力を掛けており、それによって利用することができない状態が続いているのが現状です。
ただし銀行振込で購入をすることができ、口座まで圧力を掛けることができない状態を見れば、利用する側としては不便でしょうが、それほど問題にはならないでしょう。
厚生労働省も偽物の医薬品の取締を強化していることから、レジットスクリプトの理念と共通することもあり、ドメイン停止を協力して行っています。
国も個人輸入の販売について問題視していることから、これから注意深く監視をしなければならない事態になっていると言えるでしょう。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました