オオサカ堂での商品購入はクレジットカードより銀行振込

アイドラッグストアー

オオサカ堂はクレジットカード払いより銀行振り込み!

個人輸入代行サービスを提供するオオサカ堂は、クレジットカード払いよりも断然銀行振込が狙い目です。
カード払いの提供を停止しているのも理由の1つですが、対応する銀行が多く、何より現金で決済を完了できるのが大きな理由だといえます。
対応しているのは三菱UFJ銀行を筆頭に、楽天銀行やみずほ銀行とりそな銀行で、主要な金融機関を網羅しています。
また、価格は注文時の日本円が適用されますから、レートが変動するクレジットカードとは違い安心です。
支払いのタイミングは商品の注文後、受注確認のメールが届いた段階なので、注文に間違いがあると後で気がついても大丈夫です。
即決済が実行されるクレジットカードと異なりますから、銀行振込の選択こそが、オオサカ堂の利用におけるコツといえるでしょう。

銀行振り込みはシンプルでわかりやすい!

カード払いで決済にトラブルが生じると、キャンセル手続きや返金に手間が掛かるので、そこが厄介といえば厄介です。
その点、銀行振込はシンプルで分かりやすいですから、そもそもトラブルが起こりにくく、万が一発生しても短期間で解決します。
オオサカ堂が現在、銀行振込のみで対応しているのも、こういったところに理由があると思われます。
コンビニ払いや代引きもないのは不便といえば不便ですが、しかし海外通販の特性上、銀行振込は必ずといって良いほど最後まで残ります。
それはつまり、海外通販との親和性が良かったり信頼されている証拠で、やはり安心して選べる決済方法だと解釈できます。

とにもかくにも銀行振り込み!

仮にもしオオサカ堂でクレジットカードが使えるとしても、対応するブランドはVISAとアメックスのみなので、JCBやマスターカードを愛用している人は使用不可能です。
これは、利用者のシェアが多いブランドを採用していると考えれば妥当ですが、使えるカードのブランドが限られているのは事実です。
確実に使えるという意味では、銀行振込の方が信頼性はありますし、現金さえ手元にあれば何時でも入金できます。
医薬品の購入は、時に時間的な猶予があまりないケースが存在するので、確実性を求めるなら改めて銀行振込が優位です。
振り込み手数料は発生するものの、送料や代行手数料は0円ですから、ほぼ商品代金のみで医薬品を取り寄せることが可能です。
このように、オオサカ堂はクレジットカードが使えない状況だとしても、特にデメリットらしいデメリットはなく、むしろ銀行振込のメリットが際立ちます。
複数回の注文の支払いを1回にまとめたり、キャンセルにより速やかな返金が行われる柔軟な対応力があるので、安心して選べる決済方法となっています。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました