オオサカ堂はクレジットカードが使えるか

オオサカ堂クレジット

オオサカ堂と薬事法

オオサカ堂は医薬品を個人輸入することができる薬局として多くの人に広く利用されていますが、クレジットカードを使うことができなくなっているのが難点となっています。
その理由は明確にはなっていませんが、現場の営業形態が薬事法と密接な関係を持って行われている点が原因であると推測されているのです。

日本の薬事法では、個人的に輸入する場合を除いて厚生労働省が認可をしている医薬品以外は販売をしてはいけない決まりとなっています。
実際に様々な新たな薬が海外で開発されていますが、日本ではこれらの薬の安全性が確認できるまでは販売もしくは病院での取り扱いを行うことができなくなっており、そのために海外での実績がありその薬を投与したくてもできないと言う問題が発生することが少なくありません。
海外での臨床実績は、日本人の場合とは条件が異なることが多いため、日本での臨床実験での結果が明確にならない限り、第三者に提供する医薬品として安心して利用することができないというのがその大きな理由ですが、実際には様々な手続きや実験に必要な期間があるために数年程度認可にかかることも多く、様々な問題を生じているのも現実です。
そのため、厚生労働省はあくまでも個人的に輸入を行い自己責任で利用する場合に限り海外からの輸入を認めていますが、使用する患者本人が、海外から直接薬を取り寄せる事は様々な問題があり非常に難しいものとなっているのです。
これを代行し効率よく海外の医薬品を購入することができる方法として、オオサカ堂は広く利用されているものとなっています。

個人輸入代行である

オオサカ堂の営業方法はあくまでも個人輸入をサポートするものとなっているため、薬事法で規定される認可されていない医薬品を広く第三者に販売する目的とは大きく異なっているものですが、これは現実的には解釈によっては薬事法に抵触する恐れがあると考えられる面もあり、様々な議論がなされているのも実態です。
そのためクレジットカードを利用する場合には金融機関がその決済を代行する形になりますが、薬事法の問題によるトラブルを嫌った金融機関は、トラブルを未然に防ぐためにオオサカ堂どのクレジット契約を打ち切る方針を示しているところが増えているのが実態となっているのです。
そのため、オオサカ堂では使えなくなってしまったクレジット会社が非常に増えており、実質的には現金購入が基本となっているのが実態です。

クレカ決済ができない理由

オオサカ堂の業務はあくまでも個人的に薬を海外から輸入したい人をサポートする立場でのものとなっているため、現段階では薬事法に抵触する様子は無いと考えられるものですが、様々な薬が勝手に輸入され販売されるようになるとトラブルが発生する恐れもあることから、薬事法が改正される恐れもあり、この際には輸入代行のような業務も規制される恐れがないとも限りません。
そのためこれらの問題を恐れた金融機関が契約を解除する方向に動いているのも実態で、クレジットカードが使えない状況となっているのです。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました