オオサカ堂は2019年クレジットカードが使えない

クレカ決済できない原因

オオサカ堂は2019年クレジットカードが使えない状態となっています。
これには様々な理由が推測されていますが、最も大きな理由は法的な問題によるものと言う点が有力です。

オオサカ堂のような医薬品の個人輸入販売業は、日本の薬事法においてグレーゾーンの部分を利用した取引となっています。
本来の薬事法では医薬品を販売する場合には正規の手続きを経て輸入しなければならず、厚生労働省に正式に届け出を行わなければ輸入することができない決まりとなっているのです。
しかし、個人で使用する場合には少量であれば特に問題なく輸入をすることができるようになっており、特別に規定される薬物を除いては届け出をすることなく自由に輸入をすることができるようになっています。

オオサカ堂の実態

オオサカ堂は個人輸入代行業であり、基本的には個人の利用者から委託を受けて海外から医薬品を輸入する業務を代行する者として届け出をしていますが、実際にはあらかじめ売れ筋と思われる医薬品を輸入し販売をしていると言う実態があり、個人輸入代行業ではなく医薬品の輸入を行っている会社として見られている面があるのです。

ただし、この医薬品を輸入して販売をする薬局と、個人で輸入をする場合の明確な法律上の境界はなく、輸入代行も法律的に規制されているものではありません。
そのため医薬品の個人輸入代行は法律上は処罰の対象とはなっていないため、特に問題視される事はこれまでありませんでした。

しかし近年ではオオサカ堂の他にも医薬品を利用者の注文に応じて輸入し販売する会社が増えてきたことから1部の薬局などでは問題視するようになっており、また海外の医薬品販売会社からはこの行為を問題視する声が上がっています。
そのため様々な面で規制が厳しくなっており、実際にこのような取引をやめさせようとする動きも始まっているのが実態です。

トラブルは続くのか

その1つの結果として、使用しているインターネットのドメインを使用できなくする規制が始まったり、クレジットカードによる決済を停止するなどといった動きが近年顕著になっており、オオサカ堂も2018年夏ごろからクレジットカードが利用できずに現金振り込みによる決済のみが可能と言う状態になっているのです。
これは法律的な問題によりトラブルを嫌ったクレジットカード会社が取引を停止したことによるものであるため、法律的にこれらの問題が明確になるまでは継続されると考えられ、2019年もクレジットカードを利用することができない状態が続くと考えられているのです。

緊急速報

オオサカ堂クレジットカードの「闇」について直近状況を時系列にしてお伝えします。
 

第一次トラブル


時期:2016年の秋頃~
事象:クレジットカード決済トラブル発生
結果:一時的に解決  

第二次トラブル


時期:2017年の7月頃~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:2018年3月頃解決  

第三次トラブル


時期:2018年6月27日~
事象:クレジットカード決済トラブル再発
結果:未解決



  以前未解決のまま、サイト運営を行っています。
  クレジットカードが使えたり、使えなくなったり、、
  クレジット情報などの顧客情報はどうなっているのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました